Above: Japanese dentists on study tour to Halmstad

Below:
Facial surgery export export knowledge

Halmstad: The facial surgery at the hospital is good in doing implant surgery and Japanese dentists utilize this.
Around 20 dentists from Japan have followed the activity at the hospital. During the visit they have seen a number of operations. According to Masayuki Hara, there are many basic fact to pic up. Even with visitors at the hospital follow the normal schedule according to the head of the clinic Sten Isaksson.


上:日本の歯科医師、ハルムスタッドへ研修ツアー

下:
顎顔面手術、熟練したノウハウ輸出される

ハルムスタッド:ハルムスタッド病院の顎顔面手術は優れていることでよく知られ、インプラント術の経験も豊富である。これらの技術・手法は日本の歯科医師にも取り入れられている。
日本より訪れた約20名の歯科医師が同病院で研修をし、この間多くの手術を見学することができた。
原正幸歯科医師によると日本でも取り入れたいベーシックな要素がたくさんあるとのことである。
科長のステン・イーサクッソンは、日本から訪問者がある間でも、病院での業務は滞ることなく通常のスケジュールで行われていると述べた。



Japanese visitors to the hospital
Dentist study implant technology


At the hospital. With an intensive eye and with the digital camera ready to shoot, 20 pair of the eyes is following what's going on, on the screen. They can see how the small screwdriver is trying to loosen the broken titanium screw.

During this week Japanese dentists have learned Swedish technique at the hospital. This is the ninth consecutive year that the specialist department at Halmstad hospital is visited by a group of dentist from Japan. This is a part of their additional education.

Sweden and Halmstad is historically good at implant surgery. At the hospital they have a great competence. The earlier head of the clinic Lars Kristerson has developed a big contact network in Japan and Sten Isakson is now taking over.
Sweden was first with implant surgery but to reach more advanced type of operations you need to have a solid base, according to Dr. Hara, one of leaders foe the tour. It's also nice to visit Halmstad, as it is a friendly and open atmosphere at the department.

At Japanese dentistry is not organized as the Swedish one with specialist dental care organized by the local government, instead you have local study groups consisting of about 200 dentists and within the group you try to get dentists with special competence. Dr. Hara is one of them and he is one of best in Japan within the dental implant field. this time the dentists come mainly from Tokyo, Nagoya and Osaka.
During two days the dentists are following various types of operations. they can either be in the operation room or follow what's going on, on a screen in a separate room.


日本からの来訪者
インプラント術を学ぶ歯科医師たち

病院では:みな真剣な眼差しで説明を聞き、デジタルカメラで写真におさめた。また、スクリーンに次々と移し出される手術のシーンに40の目が釘付けになった。どのようにして小さなスクリュードライバーを使い、壊れたチタンスクリューを緩めるのかを見ることができた。

この週、日本からの歯科医師たちは同病院でスウェーデンの技術を学んだ。毎年日本から歯科医師のグループがハルムスタッド病院を訪れ、今回で9回目になる。ここでの研修は彼らにとって特別な教育の一環である。

スウェーデンとハルムスタッドは、インプラント手術で歴史的に有名であり、能力の高いことで知られている。以前、科長であったラーシュ・クリスターソンは日本でのネットワークを広げ、現在ではステン・イーサクソンがそれを引き継いでいる。スウェーデンは最初のインプラント手術を行った国である。「更に高度な手術をするためには確固たる教育が必要である」、「ハルムスタッド病院はいつもオープンで暖かな雰囲気で迎えてくれる」と、訪問団のリーダーの一人、原医師が述べた。

日本の歯科治療は、スウェーデンでは特殊な歯科治療が地方の行政単位で組織されているのとは違い、歯科医師が自分達の得意とする分野でそれぞれ研究グループを組織している。原歯科医師はその一人で、今回は主に東京、大阪及び名古屋から参加している。
2日間に様々な手術が行われ、その間、手術室で立ち会ったり、別室に用意されたスクリーンで見学することができた。

When HP ( Hallandsposten ) visited, a patient has managed to bit hard to break his implants and now they have to be replaced with new bigger ones. A rather difficult operation according to Swedish dentists.

After each operation we have a meeting to discuss the cases and the Japanese Dentists is absorbing all comments.
Halmstad has a good reputation in the field and even if we are running this type of education the workload on the clinic is the same as usual .It is nice that we are able to attract this type of educational courses.
Now they are looking forward to next year's Japanese visit, which will be the 10th anniversary visit.


ハッランズポステン(新聞社)が訪れた時、破損してしまったインプラントを新しいものに取り替える手術の最中であった。スウェーデンの歯科医師によると、それは大変難しい手術であった。

それぞれの手術後、各症例についてミーティングを開き、日本からの歯科医師たちも検討された事項を全て理解した。

ハルムスタッドはこの分野において高い評価を得ている。このような教育の場を提供しているときでさえ、病院では日々の業務が通常と同じように行われている。このような研修が注目されるのは大切なことである。

10周年になる来年、日本からまた訪問されることを楽しみにしている。

Small on the left: In the operation room. Stan Isaksson, who is the head of the department , has had twenty Japanese dentists visiting the clinic.

Big one: Documenting. Dr. Masayuki Hara is studying Swedish maxo-facial operations together with colleagues from Tokyo, Nagoya and Osaka among others. Picture documentation is important to bring back.

Below big one left: Checking. Japanese dentists are studying a jaw before an operation. Lars-Ake Johansson explains.

Below big one, right, Exchange. During soon ten year Japanese dentists have visited Halmstad to study technique around implant surgery.

左、小:手術室。科長、ステン・イーサクソンと当院を訪問した20名の日本人歯科医師たち

大:ドキュメント作成。原正幸と東京、名古屋、大阪等より訪れた歯科医師がスウェーデンの顎顔面を学ぶ。画像は持ち帰るのに重要。

左下:診査。手術の前に顎を調べる日本人歯科医師。説明するラーシュ・オーケ ヨハンソン。

下、大:交換。日本から歯科医師がインプラント手術の技術を学びにハルムスタッドを訪問するようになってからもうすぐ10年になる。